アーリーリタイアしたら、毎日書くブログ。

低コストのインデックスファンド、S&P500で株式投資をしています。"投資家の一歩は節約から"が信条。

さらば友よ "人間関係"断捨離は、するべきか?(ダラダラ続く関係編)

f:id:unyaunyalife:20180512160326j:plain

実は先日、友人だった人との関係を、スッパリ絶ちました。これだけ書くと冷酷なようですが、人間関係というものは自身の行動や、考え方に大きく影響を与えるものです。自分にとってマイナスの影響を与える人との関係を見直し、もっと軽やかな生活を送りませんか?

 

関係を絶つ"きっかけ"。

彼は、前職場で一緒に働いていた別会社の社員で、年齢は僕の2つ下でした。バリバリ仕事するわけでなく、サボルわけでなく、特に目立つ存在ではなかったのですが、よく「株やりたいっすねー」と言っていた事を覚えています。それに、職場が同じ頃は、何回か遊びにも行ったりしましたので、仲は良かったです。半年前にインデックス投資を始めたばかりの頃の僕は、「オススメの資産形成方法を紹介したい」思いと、「1人で始める事は"なんとなく"不安」だったので、彼に「ほったらかし投資」の紹介や、オススメ本について話していました。

それから2~3ヶ月の間に、5回程会って話しました。資産運用のことを聞きたいということで、僕は張り切って会いにいくのですが、毎回2~3時間飲み屋でグダグダ話すだけ。資産運用関係での彼自身の成果は、『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください』を約半分読んだのみ。会うたびに「株やりたいっすねー」、「老後不安っすねー」と言っていた。

遅いかもしれませんが、僕は5回目で気付きました。「この人は本気で資産運用をしたいのではなく、ただ話題を合わせることで、一緒にグダグダする相手を探しているのだ」と。

↓この本を3ヶ月で半分って、どんな読み方したのだろう?本当は読んでない気がする…。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

 

関係の絶ち方。

これは僕のやり方ですが、紹介しますね。僕は5回目に会った帰りに、彼の電話番号、メールアドレス、履歴は全て削除しました。僕から連絡しないようにするためです。いくら嫌な相手でも、時間が経てば自分の気持ちは揺らぐものです。「あいつ、投資始めたかなぁ」などという、お節介を焼いてしまい、こちらから連絡したりしないためにも、容赦なく全てを消し去りました。その後、何回か彼から連絡が来てますが、やんわり断りつつ、履歴を消しています。

要するに、物理面(連絡先削除)と、精神面(自分からお節介を焼かない)から、断捨離を実行しました。

 

ダラダラ続く関係の断捨離は、お互いにとって有益。

f:id:unyaunyalife:20180512164003j:plain

仲の良かった人を、一方的にシャットアウトした僕を「最低の奴だ」と言う人もいるでしょうが、僕の気分は晴れ晴れとしています。確かに過去においては彼と僕は仲良しでした。映画も一緒に観に行きました。同じくらいの年齢、同じくらいの年収、同じような仕事をしているとなれば、大体同じような考えを持って、お互い親しみを感じますよね。

しかし、人間は社会の中で考え、常に変わり続ける生き物です。僕も日々豊かに生きたいので、知識を身につければ、行動や考えも変わってきます。「人間関係は大事にしましょう」というのは学校教育で良く言われていることですが、変わってゆく自己の価値観を、相手に合わせて過去に逆戻りさせるくらいなら、思い切って関係を絶って新たな価値観に生きるべきです。考えてみれば、本気で資産運用を始める気がない彼に、長期投資の素晴らしさや、iDeCoの説明を続けるのは、彼にとっては苦痛ですよね?

ですから、無駄な罪悪感など感じずに、過去の価値観を引きずる関係は、思い切って絶ってしまいましょう!

 

ダラダラな関係を絶ったメリット。

f:id:unyaunyalife:20180512171204j:plain

自分の時間と、お金を確保出来る。

これは当然ですが、会う度に飲みに行っては、時間とお金の無駄ですよね。

やりたいことが出来る。

彼は、投資を始めようとする僕を、引き留めていました(やりたいって言ってたくせに…)。「損するかも」「周りは誰もやってないよ」等々…。人によっては友達の一言で、自分のやりたいことにブレーキをかけてしまう人もいるのではないでしょうか?自分のやりたいことに対して、本当に詳しい人のアドバイスなら聞くべきですが、唯々一般論を並べて相手を不安にするような言葉は、耳に入れないのが一番です。

余計なことを考えなくなる。

僕はお節介な人間なのかもしれませんが、資産運用に関して調べた有益な情報は、彼に伝えてあげようとしていました。つまり、「自分の問題を、勝手に彼の問題として考えていた」のです。そして、自分のアドバイス通りに彼が動かないことにイライラしていたのです。これは、いけません。

 

デメリット?1つも思いつきませんね。

 

生きている限り、人間関係の更新は、必ず起こる。

如何でしたでしょうか?皆さんも、今まで仲が良かった人との人間関係に、急に居心地の悪さを感じることもあるかと思います。そんな時は、ラッキー!と思いましょう。より良い人との出会いが始まるチャンスです。僕も転勤先で良い仕事仲間に巡り合って、前向きな人間関係を築けています。

皆さんがやりたい事を阻止する相手の胸中は、十中八九「嫉妬」です。この感情は、友人、同僚、親、全ての人間が抱く感情です。僕だって嫉妬することは、あります。これも前向きに捉えましょう。僕は「人から嫉妬される程、良い事をやろうとしてるのかぁ」と、自分へのエネルギーに転換しています。

過去に仲が良かったからといって、いつまでも相手に気を遣って生きている人は、何処となく窮屈そうです。ダラダラ関係は、スッパリ断捨離して、自分の人生を楽しみましょう!

 

↓嫉妬について書かれた良書。ハウツー本と侮るなかれ!ブログでレビュー書きたい。

「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

 

 ↓すかさず映画を突っ込む。ブログタイトルは、ここから。名作。ブロンソン!

さらば友よ [DVD]

さらば友よ [DVD]