アーリーリタイアしたら、毎日書くブログ。

低コストのインデックスファンド、S&P500で株式投資をしています。"投資家の一歩は節約から"が信条。

会社飲みを楽しむ5つの技。周りを楽しませれば、自分も楽しめる!

f:id:unyaunyalife:20180516214258j:plain

最近「会社の飲み会は時間と、お金の無駄!」という記事を、SNSやブログで目にします。確かに無駄は無駄なのですが、会社勤めしているかぎり全ての飲み会を断り続けるのは、立場的に難しいのではないでしょうか?

僕は転勤が多い仕事(プログラマーです。案件ごとに客先に行くので、転勤が多いのです。)で、10年近い会社員勤めの中で5箇所以上の職場を渡り歩き、社内外の人達との飲み会に参加してきた経験があります。僕も最初はイヤでイヤで、しょうがなかったのですが、ちょっと意識を変えると割と楽しめたりもするのですよ。

 

まず何が嫌か?整理しましょう。

これは大体、以下のようなものですよね?

  • 1回あたり、4000円程の出費。
  • 勤務時間外に、会社の人と顔を合わす必要がある。
  • しかも、つまらない話を聞かなければならない。最悪、説教を喰らう( ゚Д゚)
  • 時間がもったいない。約2時間のロス。
  • 注文する飲み物、食べ物にも気を遣わなければならない。
  • 2次会に行けば、↑で挙げた要素が倍増しで圧し掛かかってくる…。

 

皆の心のうち。

飲み会に来てる人は、まぁ大体こんな考えです。

  • 一部の飲み会好き、話好き上司を除き、早く終わって欲しいと思っている。
  • 面倒な人の席の近くには行きたくない。
  • 仕事の話は、しないでほしい。
  • 他人の話には興味ないが、自分の話は聞いてほしい。
  • 自分を仕事でも、私生活でも認めて欲しい。
  • 男子社員は、女子社員の隣に座りたい。そして、話したい(笑)

 

では、どうするか?

一番楽なのは、行かないことです。僕もさすがに毎回参加はしたくないので、突然「今日飲みに行こう」と誘われたら断ってます。でも、新人歓迎会・暑気払い・新/忘年会・目標達成祝いあたりは、断り辛いので、ゆる~く参加します。あと、上司の誘いなら顔を出します(ゴマすり)。

要するに僕は、参加回数を角が立たない程度に減らしつつ、参加した場合は飲み会時間を楽しんでやる(笑)ことにしています。どうせ参加するなら、「何だかんだ楽しかったな」と思いながら家路につきたいですよね?

 

どうやって楽しむか?→相手を楽しませる役を買う!

f:id:unyaunyalife:20180512160326j:plain

えぇー!そんなのヤダよ!勤務時間外なのに、なんでサービスしなきゃならないんだよ!と思う人もいるでしょう。でも、これが一番飲み会を楽しめる役どころだと僕は思います。何も宴会芸をやれと言っているのではありません。相手(特に上司)の自尊心を、ちょっとばかり満たしてあげながら、自分も楽しめば良いのです。では、ささやかながら、僕の「飲み会楽しく切り抜け技」を、紹介しますよ!

技1:会話の中に入らず、会話の進行役になる。

酔った人の話は長い、前後滅茶苦茶、無駄に熱い(笑)、です。こんな話にまともに付き合っていたら、気疲れしちゃいますよね。そこで僕は、相手の話の矛先が自分に向く事がないよう、周りの人を話しに巻きこみます。「○○さん、この話詳しいですよね?」、「◆◆さんも、何々が好きだって聞きましたよ」と、相手を持ち上げながら話しかける事がポイントです。褒められて嫌がる人はいません。後は酔った人同士で盛り上がってくれれば、僕は満足です。

技2:「意外と」をつけて、相手を褒める。

そうは言っても、「褒めるところが見つからない相手もいる」という人もいるでしょう。大丈夫です。適当に褒めましょう。皆、酔ってます。サブタイトルにも書きましたが、「意外と」をつけて相手を褒めると効果大です。「意外と○○さんは、面倒見が良いですよね?」、「意外と◆◆さんは、なくてはならない存在ですよね?」等々。「意外と」をつけることで、言われた相手は勝手に思い当たるふしを探してくれます。「あの時の、仕事ぶりを見ていてくれたのかな」と解釈してくれますよ。僕はこの技で、「よく見ていてくれて、ありがとう」と感謝されることも多いですよ。

↓「意外と」の技はこの本で学んだ。このシリーズは不思議な魅力がある。

「行動できない」自分からの脱出法!──あなたを縛る「暗示」にサヨナラ

「行動できない」自分からの脱出法!──あなたを縛る「暗示」にサヨナラ

 
技3:相手の琴線に触れる話をする。

人間、誰でも大事にしているものがあります。仕事意外でも、家庭、子ども、趣味の話をされれば誰でも嬉しいものです。普段仏頂面の人でも、子どもの話をすると満面の笑みになる人もいます。そんな面を見たら平日の仕事でも、こちらの見る目は変わりますよね?仕事中でも「その後お子さんは、どうですか?」等と話をすれば、仕事も雑談を混じえてやりやすくなります。

技4:男子社員は女子社員に気を遣おう。

 男子社員は「女子社員と恋愛話しをしたい」などの夢は抱かず(笑)、飲み会中は女子社員にサービスするのが一番!「何か食べたい物は?」、「頼んだ飲み物来てる?」、「ビール以外も飲んで良いんだよ」と近くの女子社員には気を遣いましょう。飲み会後も女子社員は、きっとあなたの優しさを覚えています。平日の仕事中に仲良くなるチャンスが巡ってくるかも…。それはさておき、さりげなく気を遣える人は魅力的です。

技5:飲み物は遠慮なく好きな物を頼もう。

飲み会の飲み物は、周りに合わせなきゃと思う人もいるでしょうが、僕は一杯目のビール以外は、好き勝手にウィスキーでも焼酎でも飲んでます(笑)ハッキリ言って、誰が何飲んでるかなんて、誰も見てません。気分よく飲みましょう!それに、人と違うお酒は、たまに良い話題にもなります(但し、蘊蓄を語るのは厳禁!)。

 

自分自身に意識を向けないことが飲み会を楽しむコツ。

f:id:unyaunyalife:20180516232750j:plain

これまで書いたことを、一言でまとめると「飲み会中はとにかく他者に意識を向けると、楽しめるようになってくる」ということです。「退屈だなぁ」、「早く帰りたいなぁ」という自分の感覚に集中してしまうから、飲み会の2時間が詰まらなく感じてしまうのです。

思い返してください、あなたが何かを楽しんでいる時は、あなた自身に意識を向けてはいないですよね?例えば楽しいデートの時、あなたの意識は、あなた自身ではなく素敵なデート相手に向いていますよね?楽しい映画を観ている時、あなたの意識は映画に集中していますよね?

最初は難しく感じるかもしれませんが、だんだんコツを掴んでくると面白いように周囲を"のせられる"ようになってきます。僕はこれが、結構な快感です。やっぱり、人を楽しませる事が出来ると、気分が良いじゃないですか?それにコミュ力が上がるので、飲み会以外の時間でも得るものが大きいですよね。

僕だって認められたいですし、聞いてほしい話もあります。しかし、それを周囲に要求したからといって、自分が満足できることは、殆どありません。何故なら根本的に、人は他人に興味などないからです。それなら、そんな心理を逆手にとって「他人に興味のある自分」モードになりきってしまいましょう。周囲は楽しんでくれますし、自分の退屈感情からも目が逸らせます。

これは僕の経験からの考えですが、飲み会でお説教を始める人は「自分が理解されないことを、必死で隠そうとしている」人です。周りがイヤだなぁ、と感じていることを肌で感じて、つい大柄な態度になってしまうのですね。そんな時こそ「他人に興味のある自分」モードの活かしどころです。"意外と"をつけて賞賛すれば、「お前は分かってるなぁ」と一発ですよ(笑)。皆さんも、お試しあれ(^^)/

こう書くと、飲みニケーションというのも、"意外と"自分のスキルアップに繋がるのかもしれないですよ。まずは気張らずに、ゲーム感覚でやってみましょう!