アーリーリタイアしたら、毎日書くブログ。

低コストのインデックスファンド、S&P500で株式投資をしています。"投資家の一歩は節約から"が信条。

(ネタバレなし)「ランペイジ 巨獣大乱闘(2018)」特盛の肉料理を食べ尽くしたような満足感!

f:id:unyaunyalife:20180526092554j:plain

個人的には今年前半の大注目映画。「ゴジラ 決戦機動増殖都市」で肩透かしを喰らった僕ですが、本作には大・大・大満足。これぞ映画館で観たいと思わせる要素(ド派手さ、爆発、ザ・ロック!)が、これでもかとつまった一品。本気でオススメなので、ネタバレなしで記事にしました!

 

wwws.warnerbros.co.jp

解説

巨大化した動物たちが暴れまわる、1986年に発売されたアーケードゲーム「RAMPAGE」をベースに、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で描くパニックアクション。ある遺伝子実験の失敗によってゴリラ、オオカミ、ワニの3頭が巨大化し、凶暴化してしまう。さまざまな動物の長所を取り入れた遺伝子によって巨獣と化した3頭の動物たちには、軍による攻撃も効果がない。巨獣たちはやがて大都会シカゴへと到達し、街中で破壊活動を繰り広げる。元特殊部隊員で動物学者の主人公デイビス・オコイエをジョンソンが演じるほか、ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン、ジェフリー・ディーン・モーガンらが共演。「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」「カリフォルニア・ダウン」でもジョンソンとタッグを組んだブラッド・オペイトン監督がメガホンをとった。

引用 映画.comより

 

評価:90です。細かいことなど、気にするな!

 

オススメポイント5点!

  • 公式解説に書かれていることは、全てど派手なVFXで実写化されている。出し惜しみ一切なし。これでもか、というくらいバリバリに攻めている。
  • ロック様とゴリラの友情に、涙する(僕は恥ずかしながらウルッときた…(:_;))
  • 巨獣が、かなり強い。爆弾、ミサイル、何のその。全身攻撃されながら、破壊の限りを尽くす姿に、興奮!
  • 巨獣同士のバトルも、本格的に行われる。ロック様も、しっかり参戦する。
  • 吹き替え版で観たが、中々良い。アナゴさん喋ってた!

↓この映画は期待感を煽ることだけには、長けていた…。

www.unyaunyalife.xyz

 

あの、美人女優

今作では、悪徳企業社長を演じてましたが、「ウォッチメン」にも出ていたんですね!スーツ姿が様になってました。しかし、何故後半は悪趣味なドレス姿だったのでしょう?

↓本作では髪型とキャラのせいで狩野英孝に見えたり、見えなかったり…(笑)

eiga.com


 怪獣映画ブーム、ありがたや~。

ここ最近は邦洋ともに、怪獣映画ブームですね。「パシフィック・リム」、「キング・コング 髑髏島の巨人」、日米ゴジラ等。やっぱり、「現実には存在しない、映画でしか観れない物を、映画館の特大スクリーンで観る」って、映画の一番の魅力だなぁ~って僕は思っています!

本作は、動物との交流を主軸にしながら、大満足のアクションも展開され、サービス精神に溢れた最高の娯楽映画でした。お腹いっぱいです。皆さんも、劇場で是非!吹き替えもオススメ(笑)

 

↓今年後半は、これも大注目。ステイサムvs巨大ザメなんて、素敵すぎる(*‘∀‘)

warnerbros.co.jp