アーリーリタイアしたら、毎日書くブログ。

低コストのインデックスファンド、S&P500で株式投資をしています。"投資家の一歩は節約から"が信条。

2018年6月の自己紹介(ブログ一ヶ月目で、何となく方向が見えてきた)

f:id:unyaunyalife:20180602223138j:plain

ブログを始めて早一ヶ月。ゴールデンウィークの暇に任せて、何となく始めてみましたが、今では結構楽しんでいます!色々書く中で、「自分は一体誰に向けて書きたいのか?」が分かってきたので、記事にまとめます。

「これからブログを始めようかな」という人も、何となく始めて記事を書いていれば、自ずと進むべき方向が見えてくるかも?

 

一ヶ月で達成したこと。

  • PV1000達成。
  • 22記事投稿。
  • 読者さん50人達成。
  • Googleアドセンス、Amazonアフィリエイトの審査通貨(金額は3円…)。
  • Googleアナリティクス、サーチコンソールに登録。
  • スマホ用サイトのカスタマイズを実施。

スマホ用サイトのカスタマイズをした後、アクセス、読者さんが、ぐっと増えましたね。オススメの参考サイトは、こちら。

www.natsutravel.com

 

何を書きたいのか、よりも、誰に向かって書きたいのか?

最初は、書くこと自体が面白かったのですが、15記事書いたあたりから、「一体何を書きたいのか」分からなくなってきました。その頃書いた記事が、こちら。

www.unyaunyalife.xyz

 これは、現時点でもっともアクセス数が多い記事です。要するに、人の心を掴めたわけですね(←大げさ)。この時、僕は「このテーマで書きたい」というよりも、「このテーマを必要としている人に向けて書きたい」という気持ちでした。

それは誰かというと、「自分と同じ年代の社会人」であったと思います。僕の年代は、就活とリーマンショックが重なったので、それはそれは大苦戦したものです。当時の友達の中には、最後まで就職できなかった人もいますし、現在音信不通の人もいます。急に消息を絶って、隣県で警察に保護された人もいました。どうすれば良いのか分からなくなり、当て所なく彷徨い、帰る場所もなくなってしまったのでしょう。

僕は転勤が多いのですが、転勤先で同年齢と一緒に仕事したことが、ありません。他社の人も「あの年は、採用しなかったからなぁ~」、と…。

www.garbagenews.net

 

地方中小企業勤めX個人投資家X30代独身 の私をお届けします。

要するに、自分を含む同年代で、社会人生活の出鼻を挫かれた人々に、「もっと楽に、豊かに生きよう」と言いたかったんだと思います。

やはり大学まで順調に階段を上ってきて、社会に出る前に、社会から拒絶される、というのは相当なストレスです。そのまま、打ちひしがれて、今の年齢になっても立ち直れない人も、いるのが現実です。僕の知り合いにもいます。

「それは、本人の問題」という人もいるでしょう、僕もそう思う部分もあります。しかし、社会人の第一歩目を失敗したからといって、その後の人生を「自らつまらないもの」にしてしまうのは、勿体無いと思います。

手前味噌ですが、僕は自身は見出しのような、そう羨ましがられるステータスではありません。しかし、日々を楽しんでいる自信はあります。それは、下記の言葉に集約されるでしょう。

悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意思によるものである

アラン

Japanist より引用

 

このブログを読んだからといって、何から何まで、記事の通りにしろとは言いません。人生の楽しみは、各々が好きに見つければ良いと思います。ただ僕と同年代で、色々あって燻っている人が、このブログを見たなら、「こいつ、色々面倒くさいことやっているけど、それはそれで楽しそうだな」と思ってくれたら良いなぁ、と思います。

「はてなPro」も1年間申し込んでしまいましたので(笑)、もう暫くは、ゆる~く発信を続けたいです。