アーリーリタイアしたら、毎日書くブログ。

低コストのインデックスファンド、S&P500で株式投資をしています。"投資家の一歩は節約から"が信条。

仕事関係に、僕は一体いくら出費しているのか!?

f:id:unyaunyalife:20180429224858j:plain

 先日、「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」(NightWalker著)を読みました。

 

その中で、「アーリーリタイアしたら、仕事関係への出費が減ったので、支出を抑えることができた」旨が書かれていました。

 

僕も、自分自身が仕事関係に一体いくら出費しているか気になったので、ちょっと調べてみました。

 

1年間の出費は…

2017年6月~2018年6月の仕事関係の支出は、以下の通りでした!

  • 衣料費:          22,000円
  • 交際費:          12,000円
  • 参考書:          10,400円
  • 資格受験費:        21,000円
  • 自動車(1500cc):225,300円

合計:290,700円。

自動車関係の内訳は、車検費150,000円、自動車税34,500円、自動車保険40,800円。

 

ガソリン代は、会社から支給されているので除外しています。

それにしても、自動車の維持費は、強烈ですね、一年のうち、一ヶ月は自動車のために働いているようなものです。通勤する必要がなければ、僕は車は持ちたくありませんねぇ…。

 

↓ちなみに家計簿は、下記のアプリを使用しています。入力簡単ですし、便利ですよ!

play.google.com

 

 

思っていたよりも多かったが、これ以上減らすのは難しい?

現実的に考えて、これ以上仕事関係の出費を減らすのは、僕の場合は難しいと思います。飲み会に一度も参加しないわけにもいきませんし、全く勉強しないことも出来ません。

 

衣料費は、良いものを買って、長く着る。というのが、節約になるかもしれませんね。僕は飽き性ですが(笑)。

 

sindanindex.com

 

仕事しなけりゃ、30万は支出を抑えられる

如何でしたでしょうか?

人によっては、飲み会が毎月あって交際費が膨れ上がっている人や、外回りの人は服装に気を遣って衣料費が高くつく人もいらっしゃるでしょう。

 

僕の場合は職業がプログラマーで、案件によっては新しく勉強しなきゃならないことがありますので、参考書代と、資格費用が高いですね(もっと勉強している人はいる。寧ろ少ない!?)。

 

それでも、「自分の場合はリタイア後、支出を約30万円抑えられるんだ」と思うと、ちょっとばっかり気が楽になりませんか?

 

皆さんも、リタイア後の支出予想や、節約のために「仕事のために出費している金額」を、ざっとでも良いので計算してみることを、オススメします!

 

 ↓本の感想。良い本でした!

www.unyaunyalife.xyz