アーリーリタイアしたら、毎日書くブログ。

低コストのインデックスファンド、S&P500で株式投資をしています。"投資家の一歩は節約から"が信条。

映画好きに、インデックス投資を薦める3つの理由!

f:id:unyaunyalife:20180616194213j:plain

世の映画好きの皆さん、今年は新作が豊作揃いですね!

 

いつまでも、老後になっても、映画を楽しんでいたいですよね!?

 

そんな映画好きの皆さんに、インデックス投資の資産運用を薦めたくなったので、記事にしました。

 

投資?「何か危険な匂いがする…。」と思った映画好きのあなた。その感覚は、映画等のメディアを通して養われたものじゃないですか?現実には、もう少し地に足のついた話があるものですよ。

 

映画に出てくる投資家、金持ち…。

中々日常の中で、「資産運用」や「投資」に触れる機会って、あまりないですよね?それでも、映画を観ていると、結構「株」や「お金」の話は出てくるんじゃないでしょうか?

 

例えば…、

ウルフ・オブ・ウォールストリート (字幕版)

 

いやいや、ヤク中はマズイか…、

 

ウォール街 (字幕版)

 

Greed is Good!

 

スカーフェイス (字幕版)

 

またヤク中がやって来た!

 

う~ん、ロクな奴がいないですね…(映画自体は皆最高ですよ!)。

 

ここで僕が言いたいのは、資産運用に対して前知識がない状態で、これらの映画を観ると、

 

お金儲け、株主 = 悪、最後は破滅を招く

 

という、強烈なイメージだけが頭に残ってしまうことが、問題だな、と思うのです。事実、僕も学生や社会人なり立ての頃は、こうした映画のイメージが頭にあったこともあり、「余計なことはしないで、貯金が一番!」という考えでした。

 

庶民の投資方法:インデックス投資

何も、"派手に儲けて、派手に散る"のが、お金儲けではありません。もっと健全な、投資方法が世の中には、あります。それが、インデックス投資です。

 

↓僕がここで色々書くより、下記の記事を読まれた方が100倍分かり易いです!

randomwalker.blog19.fc2.com

 

↓僕は、こんな感じで始めました。ご参考までに。

www.unyaunyalife.xyz

 

映画好きにインデックス投資を薦める3つの理由。

お金儲け、株主 = 悪、最後は破滅を招く

というイメージが、頭に残ってしまい、「投資=怖い」という考え方になってしまうのは、今の日本では仕方ないと思います。

 

学校では金融教育しませんし、ネットを開けば仮想通貨やFXの広告で溢れているのですから。自発的に調べない限り、インデックス投資にたどり着くのは、難しいかもしれません。

 

しかし、この記事と紹介したリンク先を読んだからには、そんな考えも払拭されることを願っています。

 

ここからは、映画好きの為に、インデックス投資を薦める3つの理由を書きました!

 

①映画を見る時間は、削られない。

デイトレではないので、パソコンのディスプレイにかじりつく必要は、ありません。毎月積立を続けながら、あとは好きなだけ映画を楽しみましょう!

 

②富を奪い返せ!

先日読んだ「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」(NightWalker著)に、このような一節がありました。

 

金儲けに夢中な連中なんて嫌なやつばかりだって?

いいじゃないですか。その嫌なやつからお金を奪い返す手段の一つが、インデックス投資なんですから。

本文 P104~105より引用

 

先程紹介した映画の登場人物のような、とんでもない人間は、きっと世界のどこかにいるのでしょう。しかし、そんな彼らも資本主義社会の一部を担っています。彼らの活動も、どこかで市場経済を活性化させているのでしょう…。そして、"アコギな行い"は長続きせず、いつかは淘汰される…。

 

それでも、市場経済全体に投資をするインデックス投資家である我々は、「市場経済全体の”儲けたい”というエネルギー」が続く限り、資産を育てることができるのです。

 

③マイティ・ソーに巡り合える!

ムービー・マスターピース マイティ・ソー/ダーク・ワールド 1/6スケールフィギュア ソー (通常版)

最後はちょっと無理矢理ですが…(笑)。リンク先をお読みください。

 

↓また記事を引用させていただきました…。いつも良記事をありがとうございます。

randomwalker.blog19.fc2.com

 

インデックス投資は、市場経済全体の動きに左右されるので、良い時もあれば、リーマンショックのように、悪い時もあります。

 

それでも、低迷期も積立を続け、市場に残り続けていれば、回復期に「稲妻が輝く瞬間(資産が増大する瞬間)」に巡り合う事になるでしょう。ロキ様もハルクも、ビックリです。

 

 

 

如何でしたでしょうか?映画好きの皆さんが、ちょっとでもインデックス投資に興味を抱いてくれたら、嬉しいです!

 

とにかく伝えたかったことは、

映画に出てくる派手かつ、破滅的なお金儲けは、映画を楽しむ1つの要素。

イメージに引きずられることなく、現実的な資産運用を考えよう。

ということです。

 

では、良き投資ライフ、映画ライフを!