アーリーリタイアしたら、毎日書くブログ。

低コストのインデックスファンド、S&P500で株式投資をしています。"投資家の一歩は節約から"が信条。

アセットアロケーションに現金(生活防衛資金)も含めてみると?

先日同窓会で会ったインデックス投資女子と、アセットアロケーションの話をした時、こう聞かれた。

 

「樽さん、何で預金はアセットアロケーションに含めないんですか?」

 

「え?生活防衛資金だからだよ。」

 

その時は、それで終わりだったのですが、言われてみると、気になるもの。

 

と、いうわけで預金込みで、計算してみました。

 

f:id:unyaunyalife:20180712213654p:plain

※今時点の比率ではありません。今後1,2年かけて築く予定の比率です。これまで溜め込んだ預金の一括投入は、下落相場でパニックに陥りそうなので、1〜2年かけて、現金→投信に移管する計画です。

 

www.unyaunyalife.xyz

 

ナルホド、株式が半落しても、資産の68.5%は、守られるわけだ。これなら、生活面も、気持ちの面も、耐えられると思う。

 

生活防衛資金を、含めて考えると、自分のアセットアロケーションを、より実際の生活に近づけて考えられますね。

 

リアルな場での投資の話も、発見がありますね。

インデックス投資女子よ、ありがとう。