アーリーリタイアしたら、毎日書くブログ。

低コストのインデックスファンド、S&P500で株式投資をしています。"投資家の一歩は節約から"が信条。

客先常駐の正社員派遣プログラマーという立場の良し悪し(人間関係編)

f:id:unyaunyalife:20180811090715j:plain

ブログを初めて3ヶ月目に突入しました。インデックス樽です。

今回は、僕の仕事(客先常駐の正社員派遣プログラマー)を紹介しましすね。

転職を検討している人の参考になれば嬉しいです。

 

 

給料安いが、人間関係への無駄な気遣い不要

僕は、客先常駐の派遣プログラマーとして働いています。

僕の雇い先は、茨城の中小企業(正社員として雇われている)ですが、勤め先は一部上場企業です。

要するに大企業に、安い労働力を提供しているわけです。

 

僕の年収を、常駐先の同年代の年収と比べると、100〜150万円の違いはあるでしょうか? 

給料に差があるといっても、僕は月10万近く貯蓄できているので、そう大きな不満はありません。

確かに搾取めいたところはあると思いますが、個人的にはこの立場は気に入っている所もあります。

 

それは、

 

  1. 常駐先の上長は、直接の上長ではないので、無駄な気遣いをしなくて良い。
  2. 常駐先や、案件が変われば、当然関わる人も変わるので、嫌な相手と、ずっと一緒に仕事する必要がない。
  3. 何だかんだ言っても、案件に対する責任は常駐先にある。派遣は、自分の業務範囲だけ、しっかりやれば良い。

 

ということです。

やっぱり、同じ会社の人間同士だと、「これからも顔を合わせなければいけない」って気持ちがあって、言えない事も多いじゃないですか?

考え方の問題かもしれませんが、「会社」ではなくて「案件」に対して集まった同士だと、フェアな立場で話し合いが出来ると、僕は思っています。

 

要は、人間関係に対して、低ストレスで居られる訳です。

どうしようもない人間がいて、仕事を妨害するような相手がいたなら、会社を通してクレームを伝えれば良いのです。

 

 

求められている能力を提供すれば良い

僕の役割は、常駐先が求める労働力を提供することなので、それ以外の余計な事はしません(飲み会に毎回参加したり、上長の機嫌を伺ったり)し、自分の仕事が進めにくい指示を出されたら、ハッキリと自分の希望を伝えます。

気に入らなければ、先方が契約を打ち切れば良いだけです。

世の中には、案件なんて、夢のように溢れています。

 

ちなみに、雇われ方は派遣、請負、準委任とか色々あるので、これからこの世界に飛び込む人は、要チェック。

基本的な事を抑えておかないと、運悪く法規違反を犯している現場に飛ばされた場合に、おかしいことに気づけません。

日本人が大好きな、「まぁまぁ穏便に」が、まかり通っている現場もありますから、そこは逃走か、闘争しかありませんね。

 

↓う~ん、これはヤバイ。

www.mynewsjapan.com

 

↓全ての飲み会に行かないというわけじゃないです。

www.unyaunyalife.xyz

 

 

色々な人と知り合える

上場企業の大プロジェクトともなると、50人くらいで一緒に仕事します。

案件か炎上すれば、100人体制になることも...。

 

僕のような立場の派遣プログラマーもいますので、社外の友人も出来たりします。

仲良くなった人とは、休日に一緒にバイオハザードをプレイしたり(笑)

勉強を一緒にしたりした事も、あります。

 

別案件で、過去に一緒に仕事した人と顔を合わせると、ちょっとばかり嬉しくなるものです。

もちろん、もう会いたくないって人もいますが。

 

経験豊富な人と一緒になって、色々スキルを教えて貰ったりできれば、ラッキーですね。

ちょっとばかり偏屈な人もいますが、素直に「教えてください」と伝えれば、大抵の人は教えてくれますよ。

 

 

 

正社員でありながら、派遣という、ちょっと変わった立場。

人間関係のストレスを減らしたい人には、割とアリなんじゃないでしょうか?

 

ただ、嫌な相手には、自分からNoと言える事は必要です。自分に合う環境を作るには、主張することは、絶対に必要です。

もちろん、相手のことを考えないで、自分勝手はダメですよ(笑)。

「仕事で一時だけ一緒にいる相手がどう思おうが、嫌な相手に自分の言いたいことが言える=低ストレスでいられる」人には、向いているんじゃないかと思います。

 

しかし、このようなことを言えるのも「何かあった時に会社に頼れる」という意識を持てるから、という所も大きいです。

そんな考えを持てる会社に勤めている自分は、わりかし幸せ者なんじゃないかと思います。

 

POINT

客先常駐の正社員派遣プログラマーは、

  1. 人間関係の無駄な気遣いは、不要。自己主張出来れば、尚良し。
  2. 求められている仕事だけ、しっかりやれば良い。
  3. 知り合いを沢山つくる機会に溢れている。